スマホ用WEBサイトを作ることは今後必須です

今求められるのはモバイル対応サイト

最近はWEBサイトをパソコンで見る人よりスマートフォンで見る人が増えていると言われています。確かに持ち運びができてどこでも空いた時間などに見られるスマートフォンは大変便利ですよね。検索エンジンでもそのようなユーザーの動向を反映してか、パソコンだけに対応しているサイトより、タブレットやスマートフォンなどモバイルツールに対応しているサイトを上位表示させるような方針をとっています。つまり時代はPCサイトよりスマホ用サイトなのです!

スマホ用に適しているかはこんなところが見られる

ではスマホ用サイトとPC用サイトの違いとは何でしょうか。PC用サイトをスマホで見るとわかりますが、画面が大きく文字が小さいので拡大しないと非常に文字や絵が見づらいですよね。またボタンが小さいままだと押しづらいのでリンク先に跳んだりショッピングもしづらかったりします。スマホ用サイトは当然スマホに最適化されているので、1ページあたりの情報量を抑え、文字を大きくし、情報を見たいときは下にスクロールするようになっていて、またボタンも周りに空間があり、大きめで押しやすくなっています。そのようなサイトがスマホなどモバイルの対応サイトとして見られています。

スマホ用サイトの簡単な作り方

基本的にはスマホ用サイトはHTML5やCSS3を使い、最初からスマホ用にレイアウトを調整しながら作る形になります。しかしいくつか簡単な作り方も有ります。例えばワードプレスを使ってサイトを作れば、スマホ対応のテンプレートなどが使えますので、テンプレートを入れるだけで、閲覧するディバイスツールによりスマホ用のレイアウトに最適化してくれます。またレスポンシブデザインとして、CSS3でPCサイトをスマホで見た時にレイアウトをスマホ用に最適化してくれるデザインも今の流行りです。スマホ用とPC用で2つのサイトを用意しなくてすむので大変便利ですね

スマホサイトは移動中などに情報を検索でき、知りたいことなどをリアルタイムに調べるなど様々な方法で使えることです。


内勤の仕事のポイントは会議!会議の時間を有効活用する方法とは?

内勤の仕事のうち会議出席時間はそれなりに長い

会社員にもいろいろな職種がありますが、事務などの内勤をしていると様々な種類の会議があるはずで、会議時間もそれなりにあるでしょう。効率的に会議を行う方法という本が売れたりするぐらいですから、効率的ではないなと感じる会議も多いかもしれません。しかし、内勤者はこの会議の前後も含めた時間をどう過ごすかによって、ビジネスパーソンとしての成長度合いにかなり差が出てくるということはしっかり認識しておいた方がいいでしょう。

会議に参加する前の準備が大切

内勤者として会議の時間をいかに効率的に過ごすかという点は重要です。会議が行われる場合、事前に何のテーマの会議なのかが知らされるはずです。もし何の会議なのかはっきりしない場合は、主催する事務局に事前に確認する方がいいでしょう。テーマが確認できたら、予習して臨むのがいいでしょう。準備をして臨むことによって、準備していない人とは明らかに質の違う発言ができるようになり、自分の評価を高めることに繋げられるはずです。

内勤者が会議の後にやるべきこととは?

内勤者は多くの会議に参加するでしょうが、会議に参加した後にどういった行動をとるかで、ビジネスパーソンとしての差がついていく可能性があります。多くの人は会議が終了するとやれやれと安心してしまい、会議で課題に上がったことに対処する行動は、ワンテンポ遅れるのが普通かもしれません。会議が終了した後に、対処すべきことを間髪入れずに取り組む事で、この人は優秀な人だという評価が得られるでしょう。会議終了後も気を緩めてはいけないということです。

運用監視業務は企業内のサーバーやネットワークの運用や監視をする業務となっています。正常に作動しているかを監視し、異常があればすぐに対処します。