どんなパソコンを買いどのように使うか?故障に備えてメンテナンスも行おう!

パソコンをどのように使う?

パソコンという言葉を知らない人がいないくらい私たちの生活に深い関わりを持つパソコンですが、どんな家庭にもあるくらい普及しているパソコンは一体何に使われているのでしょうか。パソコンの中にはいろいろなデータを保管することが可能です。パソコンでデータ管理している人もいれば、ゲームや音楽、映画といったエンターテインメントに利用している人もいます。パソコンは使う人の使い方であらゆる方向性を秘めている便利製品とも言えるでしょう。

パソコンの種類は豊富

量販店に足を運べばズラリと並んでいるパソコンですが、パソコンと言ってもいろいろなタイプがあります。現在最も人気があるのは何といってもノートパソコン、コンパクトに折りたためるノートパソコンは軽くて持ち運ぶにも便利です。昔ながらパソコンとして知られているデスクトップパソコンは持ち運ぶことは出来ませんがメモリーの増設などメンテナンスが容易に出来ます。店舗に実物を見に行く前にインターネットで人気のパソコンを調べておくと良いでしょう。

データ復旧が必要になる場合

様々な分野で利用し活用できるパソコンではひとつだけ注意しておかなければならないことがあります。それは故障です。何千、何万というデータを保存しておくことができるパソコンだって壊れてしまえば意味がありません。仕事でも趣味でもあらゆるジャンルで利用しているものだからこそ、メンテナンスやバックアップは必要不可欠になってきます。バックアップせずにパソコンが故障してしまった時にはデータ復旧業者に依頼するという最後の手段もあります。

中古パソコンは最新のパソコンには敵わないものですが、一昔のゲームをしたり文章を作成するなら十分な性能です。


スマホ用WEBサイトを作ることは今後必須です

今求められるのはモバイル対応サイト

最近はWEBサイトをパソコンで見る人よりスマートフォンで見る人が増えていると言われています。確かに持ち運びができてどこでも空いた時間などに見られるスマートフォンは大変便利ですよね。検索エンジンでもそのようなユーザーの動向を反映してか、パソコンだけに対応しているサイトより、タブレットやスマートフォンなどモバイルツールに対応しているサイトを上位表示させるような方針をとっています。つまり時代はPCサイトよりスマホ用サイトなのです!

スマホ用に適しているかはこんなところが見られる

ではスマホ用サイトとPC用サイトの違いとは何でしょうか。PC用サイトをスマホで見るとわかりますが、画面が大きく文字が小さいので拡大しないと非常に文字や絵が見づらいですよね。またボタンが小さいままだと押しづらいのでリンク先に跳んだりショッピングもしづらかったりします。スマホ用サイトは当然スマホに最適化されているので、1ページあたりの情報量を抑え、文字を大きくし、情報を見たいときは下にスクロールするようになっていて、またボタンも周りに空間があり、大きめで押しやすくなっています。そのようなサイトがスマホなどモバイルの対応サイトとして見られています。

スマホ用サイトの簡単な作り方

基本的にはスマホ用サイトはHTML5やCSS3を使い、最初からスマホ用にレイアウトを調整しながら作る形になります。しかしいくつか簡単な作り方も有ります。例えばワードプレスを使ってサイトを作れば、スマホ対応のテンプレートなどが使えますので、テンプレートを入れるだけで、閲覧するディバイスツールによりスマホ用のレイアウトに最適化してくれます。またレスポンシブデザインとして、CSS3でPCサイトをスマホで見た時にレイアウトをスマホ用に最適化してくれるデザインも今の流行りです。スマホ用とPC用で2つのサイトを用意しなくてすむので大変便利ですね

スマホサイトは移動中などに情報を検索でき、知りたいことなどをリアルタイムに調べるなど様々な方法で使えることです。